40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-
中年からのチャレンジ!

IT業界の転職で40代に求められるものとは?

IT業界で働く40代へ

IT業界で働く40代のエンジニアに向けて、キャリアアップ転職実現に役立つ情報を紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせにつきましては、こちらの【メールフォーム】よりお願いいたします。

40代に求められるもの

Pocket

40代でも転職できる!

現在の職場に不満があるITエンジニアの方の中には、「転職をしたいけれど無理だ」とあきらめている方も多いでしょう。確かに少し前までは「35歳エンジニア限界説」なるものがまことしやかに囁かれていました。しかし現在は状況が一変しています。世の中のIT化が一気に進み、ITエンジニアの需要は日に日に増しています。その一方でITエンジニアの供給は進んでいません。またリーマンショックなどによる長く続いた不況で、IT企業も一般の企業もベテラン社員をリストラしてしまった過去があります。プロジェクトの全体を見て引っ張っていけるようなベテラン層が手薄になったため、40代の経験豊富なITエンジニアに注目が集まっています。しかし今の職場で活躍している40代のITエンジニアは基本的に転職を考えていません。こうして40代のITエンジニアの需要がどんどん増しているのです。

転職に求められるもの

転職先の企業が40代のITエンジニアに求めているのは、単純なITスキルや知識だけではありません。若手のエンジニアには手に負えないような仕事や、目の前で急速に変化をしながら進んでいる仕事などに役に立つ実戦的なスキルや知識が求められています。大きな案件でミスが起こりそうな時に頼りになる存在、特定の技術力を活かして事態を救う専門性、またメンバーを育成し、若手を統率するマネージメント能力など、「ここ一番で頼りになる存在」として40代のエンジニアが乞われています。優秀なエンジニアほど、年齢を重ねると「頑固」で「聞く耳を持たない」存在になりがちです。転職先は自分よりも若い社員ばかりの急成長企業かもしれません。誰もが声を掛けやすい柔軟さを持った人材が求められています。

追い風が吹いている!

当サイト「40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-」では、40代のIT業界で活躍するITエンジニアのキャリアアップに役立つ情報を提供していきます。転職をする時には、「自分の強みを売り込む」「自分のキャリアにあった企業に転職する」ことが大切です。そのような「転職に関する心構え」についても紹介していきます。また、キャリアアップに適した転職先として「ITコンサルタント」「社内SE」を紹介し、そのための適切な手段についても紹介します。また、企業への転職だけでなく、「フリーランス」として活躍する選択肢についても記述します。フリーランスになるメリットとデメリット、フリーランスとしてどう輝いていくかなど役立つ情報を提供します。
現在は40代のITエンジニアがキャリアアップを目指して転職をするための「追い風が吹いている状態」と言えます。ぜひ当サイトの情報を役立てて、追い風に乗って大きくキャリアアップを果たしていただけたらと思います。