40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-
中年からのチャレンジ!

40代フリーエンジニアはWebライティングも検討

IT業界で働く40代へ

IT業界で働く40代のエンジニアに向けて、キャリアアップ転職実現に役立つ情報を紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせにつきましては、こちらの【メールフォーム】よりお願いいたします。

Webライティングで知識を発信

Pocket

Webライティングを副業にしよう

現在、ネット上には数々のエンジニア向けの「ライティング業務」を取り扱ったサイトがあります。IT関連の初心者向けの記事を執筆する依頼から、専門的・技術的な内容の記事の依頼まで数多くの案件が存在しています。フリーランスのエンジニアの本来の仕事とは言えませんが、自分の知識のみでライティング作業ができるため、副業として空いた時間を使って仕事をするのにはぴったりだと思います。
フリーランスとして一人で作業をしていると、自分のスキルや知識をみんなに話す場所、言い換えれば自慢をするような場所がありません。Webライティングで初心者向けの記事を書くことがストレス解消になるという人もいます。またシステム作りやプログラミングなどに仕事が偏りがちなエンジニアには、文章を書くことが気分転換につながるケースもあります。文章力、伝える力は磨いておいて損がないスキルです。また覚えたてのスキルを文章にすることで自分の記憶に定着しやすいというメリットもあります。

ITエンジニアの記事は報酬が高め

Webライティングの仕事の依頼はエンジニア系の記事だけでなく、一般的なブログの日記の代書のようなものまで硬軟織り交ぜた案件が揃っています。誰でも書けるようなブログ日記のような案件は報酬が安めに設定されているのが普通ですが、専門的な知識が必要な記事に対しては、高めの報酬が設定されています。ITエンジニアが担当する記事は、報酬が高めに設定されています。まずIT知識を持った人が少ないこと、またIT系のエンジニアはライティングの仕事をあまりしないため、売り手市場になっているからです。副業としてはかなりまとまった金額を稼げるため、Webライティングを定期的に行い収入の安定につなげてみましょう。

Webライティングに求められるスキル

ITエンジニアに求められるライティングのスキルは、「専門的なIT知識」になります。特に得意分野を持っている人は、その手の案件で独占的に仕事をできるようになるでしょう。注意したいのは、ただ専門的な知識を持っているだけでなく魅力的な文章を書けるということも大切だという点です。読んでいる人が引き込まれるような文章力も必要になります。専門用語が多くなりがちな分、いかに一般の人にも伝わりやすい言葉に置き換えるか、読みやすい文章作りが重要なポイントです。
また最低限の条件として誤字脱字を無くすということがあります。一通りライティングをしたら全体をもう一度見直す習慣を付けましょう。また副業として成立させるためには、タイピングをするスピードも重要になります。記事作成に時間が掛かり過ぎると、本業に影響が出てしまうかもしれません。ブラインドタッチやショートカットキーを多用するなど、スピード対策も行いましょう。