40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-
中年からのチャレンジ!

40代のフリー転身で若手に負けないために

IT業界で働く40代へ

IT業界で働く40代のエンジニアに向けて、キャリアアップ転職実現に役立つ情報を紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせにつきましては、こちらの【メールフォーム】よりお願いいたします。

若手に負けないためには?

Pocket

楽に儲かる仕組みを作ろう

40代のフリーランスの方々は、若い頃と同じようにがむしゃらに案件をこなすだけでなく、もっと高い視点から仕事を見てみましょう。例えば40代のフリーランスの方々には、それまでに培った高いITスキルと経験があります。その強みを活かしてセミナーを開いてみる、またはチームを作り、そのチームのディレクションを行う立場に就くという方法があります。経験豊富なエンジニアの話を聞きたい若いエンジニアは多いはずですし、同世代の仕事が上手くいっていないエンジニアにも参考になる話ができるでしょう。またがむしゃらに仕事をする部分は若い人に任せて、大切な仕上げの部分を自分が行うことで完成度の高いプロジェクトを手掛けていくという道もあります。

オンリーワンの存在になろう

IT業界には、今後たくさんの人材が流入してくることが考えられます。日本国内はもちろん海外のエンジニアとも仕事を奪い合う立場になるかもしれません。このような状況で生き残っていくためには「オンリーワン」の存在になる必要があります。誰でもできる作業を速いスピードでこなすのではなく、誰もできないような仕事ができる人になるということです。コミュニケーション能力や文章力の高さを武器にすれば、若いエンジニアにはできない仕事を任される機会が多くなります。また日本語を使いこなす必要がある分野なら、海外のエンジニアと差別化が図れます。

声を掛けやすい人でいよう

40代になるとスキルや経験は豊富になりますが、一方で他人の意見を聞かず、唯我独尊的な態度を取る人が増えてきます。仕事を発注するクライアントは、柔軟な対応をしてくれる人と仕事をしたいと思っています。頑固な人だと思われないように柔軟な対応をすることを心掛けましょう。またクライアントの気持ちとしては、同程度のスキルを持つ人であれば、気軽に声を掛けられる人のほうが使いやすいというのが本音です。年齢を重ねるほど威圧感が増すものと考えて、誰にでも声を掛けやすい空気感をまとうように努力をしましょう。

海外移住も視野に入れよう

将来的に収入が減ることが予想されるフリーランスの方は、生活費を少なくする方法を考えることも人生設計の一つです。例えば海外や地方への移住を視野に入れてみましょう。IT系の仕事はネット環境さえ整っていればどこにいても仕事をすることができます。都心など物価が高い地域に住まずに、地方に出れば家賃も安く生活費を半分以下に抑えることが可能です。また物価が低い海外の国に拠点を置けば、生活水準を落とさずに生活費を低く抑えることも可能です。田舎暮らしをしてみたい、または海外生活をしてみたいという人は良い機会と考えて、自分が将来住んでみたい場所について40代のうちに調べ始めても良いかもしれません。