40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-
中年からのチャレンジ!

40代のITエンジニアはフリーも視野に

IT業界で働く40代へ

IT業界で働く40代のエンジニアに向けて、キャリアアップ転職実現に役立つ情報を紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせにつきましては、こちらの【メールフォーム】よりお願いいたします。

経験を活かしてフリーで活動!

経験を活かしてフリーで活動!

40代での転職を目指す時に、自分の力を思う存分試してみたいと思ったら「フリーランス」という選択肢もあります。フリーランスになることには、コインの裏表のようにメリットとデメリットもあります。若いフリーランスと戦い、勝ち抜く方法も考える必要があります。そこでデメリットをできるだけ少なくするために「案件紹介会社」を利用する方法や、「Webライティング」を副業にする方法を紹介します。まずは自分がフリーランスに向いているかどうか、冷静に考えてみることが成功の鍵になるでしょう。

経験を活かしてフリーで活動!の記事一覧

  • メリットとデメリットから検証
    メリットとデメリットから検証

    フリーランスに転身するとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。メリットは自由度が高くなることです。勤務時間や勤務地、何より仕事を自分の裁量で選べるようになります。将来のキャリアを考えて仕事ができるため、キャリアップもしやすくなります。デメリットは自己管理をきちんとしないとすぐに生活が乱れ、仕事も来なくなり、健康的にも良くない状況に陥るリスクがあることです。自己管理ができる自信がある人だけがフリーランスを目指しましょう。

  • 若手に負けないためには?
    若手に負けないためには?

    40代のフリーランスのエンジニアが、海外のエンジニアや若いエンジニアに囲まれて生き抜くためにはどうすれば良いでしょうか。まず経験や高いスキルを活かして、セミナーを開くなど楽をして儲かる仕組みを作ることが大切です。またオンリーワンの存在になり、自分しかできないジャンルの仕事を確立することも大切です。さらに声の掛けやすい柔軟な対応ができる人でいることも大切です。もし収入が下がると考えている人は、地方や海外に移住するなど生活費を掛けないで暮らす方法も視野に入れましょう。

  • 自分に合った案件紹介会社を選択
    自分に合った案件紹介会社を選択

    40代のフリーランスのエンジニアが安定して仕事をしたいならば、「案件紹介会社」を利用すると良いでしょう。案件紹介会社を選ぶ時は、自分のスキルやキャリアにマッチした仕事を紹介してくれるたくさんの案件を持った会社であることが大前提になります。また幅広いサービスをしてくれる案件紹介会社も魅力です。例えば確定申告は面倒な作業ですが、この点のケアをしてくれる案件紹介会社に登録をすれば安心です。その他にも「報酬単価が高い」「キャリアを重視」してくれる会社を選ぶようにしましょう。

  • Webライティングで知識を発信
    Webライティングで知識を発信

    フリーランスのITエンジニアの副業として「Webライティング」をする方法があります。Webライティングの中でもITエンジニアに依頼される記事は、その他の記事よりも報酬が高めになっています。IT知識が豊富で、なおかつ文章力がある人が少ないためです。持っている知識をアウトプットするだけで高報酬を得ることができますので副業としておすすめできます。プログラミングから離れて、文章を書くことが気分転換になるかもしれません。本業をおろそかにしない程度にWebライティングにもチャレンジしてみましょう。