40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-
中年からのチャレンジ!

IT業界で転職を目指す40代にチャンス到来!「転職モテ期」

IT業界で働く40代へ

IT業界で働く40代のエンジニアに向けて、キャリアアップ転職実現に役立つ情報を紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせにつきましては、こちらの【メールフォーム】よりお願いいたします。

突然訪れる「転職モテ期」

Pocket

戦力として期待される40代

IT業界で40代の転職希望者に「転職モテ期」が来ていると言われています。以前は20代の転職者の中途採用を積極的に行っていた企業も、最近は40代の人材獲得に積極的になっていると言います。その理由のひとつが「戦力として計算できる人材が欲しい」という企業側の切実な理由です。長らくIT業界は人手不足が進み、「未経験者でも良い」というスタンスで若い人材を中心に雇用を進めていました。しかしリーマンショックなどで経済的に不安定になると、戦力として見込めない若い社員が仕事からあぶれて結果的に企業の体力を奪ってしまうということが起きました。その経験を踏まえて、若ければ誰でも良いという考えから、例え40代であっても戦力として計算できる経験者を積極的に雇用しようという動きが生まれました。

目まぐるしく世界は変わっている

IT業界は日進月歩で進化しています。その変化にすぐに対応できない企業や、遅れを取ってしまった企業は沈んでいくしかない厳しい状況になっています。また仕事のグローバル化が進む中、経営のスピードも高速化をしていく必要があります。そのような状況下で、未経験者を自前で育成していく余裕がなくなった企業が増えています。常に即戦力の人材を職場に揃え、有事に対してすぐに対応できる状態を整えておく準備が企業に求められるようになっています。このような厳しい状況下で役に立つのが仕事の経験が豊富で、社会人としても成熟している40代の人材だという流れが生まれたのは当然の結果かもしれません。このようにして40代のIT経験者は様々な企業からラブコールを送られる状況になっているのです。

ヘッドハント合戦もヒートアップ

現在のIT企業の内情を受けて、人材を派遣する企業も活発に動き始めています。特に「ヘッドハンティング」を仕事とするヘッドハンターは40代の人材獲得に積極的になっています。IT企業が求める即戦力の人材は、当然ですが勤務中の企業でも戦力として役に立っています。つまり「転職希望のない優秀な40代の人材」を狙うしかないということになります。転職の希望がない40代の人材を転職へ導くことがヘッドハンター達の手腕にかかっていますが、それも限界があります。このような状況下で「転職を希望する40代」は羨望のまなざしで見られる存在になっているのです。勤務中の企業で満足をしているけれど、さらにより良い企業へステップアップをしてみたいという人は、このチャンスを活かして大きなステップアップをすることができそうです。新卒の時は手の届かなかった企業にも、40代になり頭を垂れて迎えられる、そのような状況が現実になるかもしれません。