40代からのキャリアアップ転職-IT業界編-
中年からのチャレンジ!

40代のIT業界キャリアアップ転職について

IT業界で働く40代へ

IT業界で働く40代のエンジニアに向けて、キャリアアップ転職実現に役立つ情報を紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせにつきましては、こちらの【メールフォーム】よりお願いいたします。

転職でキャリアアップを検討!

転職でキャリアアップを検討!

IT業界でキャリアアップを目指すシステムエンジニアの方々は、「ITコンサルタント」と「社内SE」を目指してみましょう。IT企業のシステムエンジニアの仕事と重なる部分が多く、システムエンジニアより上流過程を担当する仕事です。ITスキルを活かした実務力よりも、コミュニケーション能力やリーダーシップなどの能力が必要な仕事です。40代までに培った経験が活かしやすい職種だと言えるでしょう。転職の際に利用したい「エージェント」についての情報も紹介していきます。

転職でキャリアアップを検討!の記事一覧

  • ITコンサルタントへの転身
    ITコンサルタントへの転身

    システムエンジニアとしてキャリアを積み、スキルを上げてきた経験者は、次のステップとして「ITコンサルタント」を目指してみましょう。ITコンサルタントの仕事は、クライアント企業と話をして問題点を探り、解決するシステムの構築を提案し実行する仕事です。システムエンジニアの仕事と似た要素が多い仕事ですので、キャリアアップをしやすい職種だと言えます。より上流過程に重心を置き、結果として企業の利益につながることがITコンサルタントの仕事には強く求められます。

  • 社内SEへの転身
    社内SEへの転身

    40代でシステムエンジニアから社内SEに転職する時には、20代の転職とは求められるものが違います。若いシステムエンジニアには現場での実務能力が求められますが、40代の社内SEに求められるは「コミュニケーション能力」「調整力」「交渉力」「協調性」などの総合的な「人間力」です。社内のIT知識がない様々な人の話を傾聴する力や、新しい職場の仲間と円滑な人間関係を築く力が必要です。また変なプライドを持たず、社員を「お客」だと思って接することができる人が社内SEとして成功するでしょう。

  • 直接応募よりもエージェントを活用
    直接応募よりもエージェントを活用

    40代でIT業界での転職を考える時、売り込むためのいくつかの方法があります。企業の応募に直接申し込む「直接応募」は応募件数が少なく、自分のスキルを活かせる案件が少ないという難点があります。おすすめは「エージェント」を利用する方法です。転職サポートのプロであるキャリアコンサルタント達が最適のマッチングを行い、40代のITエンジニアのスキルや実績を企業に売り込んでくれるでしょう。条件交渉を代行してくれるなど、自分一人では難しい部分もエージェントに任せることができそうです。

  • 面接は年相応の落ち着いた対応で
    面接は年相応の落ち着いた対応で

    40代の転職で大切なのが、「面接」をどう乗り切るかです。まず面接は「第一印象」が大切です。身だしなみをきちんと整えて臨みましょう。浅く椅子に座り背筋を伸ばすなど、新卒時のようなフレッシュな態度で臨むことも大切です。また面接中はマニュアル通りの話をするのではなく、自分の言葉で話をしましょう。「会社に入ったらどのように役に立つつもりか」など、自分の強みをアピールするようにしましょう。また履歴書を事前に読み返し、面接官の質問に対する答えと矛盾しないように注意しましょう。